杭州建徳企業は100人以上の従業員を緊急に呼び戻しました

杭州建徳企業は100人以上の従業員に緊急に電話をかけ、賃金を3倍にしてマスクを作る残業を奨励しました!
武漢での新しいコロナウイルス肺炎の発生に伴い、マスクの製造と供給は公衆の関心の対象となっています。
Jiande Chaomei Daily Chemical Co.、Ltd.は、国内市場シェアが35%の呼吸保護装置のR&Dおよび製造のリーディングカンパニーとして、猛威を振るう新しいコロナウイルス肺炎の流行による急増する市場の需要に迅速に対応し、すぐに従業員に電話をかけました。工場に手配します中国の旧正月中、大晦日は半日しかオフになりません。残りの時間は生産のために完全に保証されています。

1580801217369067

本来、1月18日の休暇から帰宅した従業員120人以上は、残業通知を受けた後、自宅に置いておいてすぐに帰宅し、マスクの確保に専念していました。

1580801241697466

制作ワークショップが本格化し、緊張しながらマスクを作ろうと慌ててスタッフがオペレーションデスクに座りました。スタッフが保護マスクの超音波溶接を完了した後、誰かがすぐにマスクを取り出しました。
「今日、工場での総注文数は8000万件以上に急増し、物流は停止されています。給与は3倍ですので、連絡が取れる周辺の社員全員に電話をかけ、全力で頑張ります。注文、工場出荷時のマスクの価格は変わりません。」建徳市の北朝鮮と米国の党支部長である林燕峰氏は、私たちは国家緊急予備軍であり、国の利益が第一でなければならない、と語った。

1580801287217929

Chaomei Companyはかつて、SARS期間中に国の重要な任務を引き受け、北京Xiaotangshan病院、Ditan病院、北京感染症病院、中国人民解放軍および緊急物資準備センターの総合物流部にSARS防止マスクを提供しました。
報道によると、同社は、1月22日から旧正月の4日目までに、マスク30,000枚、4日目から8日目までに5万枚、その後に10万枚以上の生産を保証すると予測されています。 8日目。


投稿時間:2020年8月31日